フォローする

卸売価格(Wholesale Price)はどうやって決めたらいいの?

QRATESのStore Deliveryでは、販売価格と同じくアーティスト自身が卸売価格(Wholesale Price)を設定することができます。プロジェクト内容によってそれぞれ最低料金は設定されていますが、その他特に決まったルールはありません。

自由に卸売価格の設定ができるとはいえ、設定額がレコード店からのオーダーに影響する可能性がないとは言い切れません。そこで、商品へのオーダーがより入りやすくなりますよう、卸売価格を設定する際に知っておくべき点、目安額の例を簡単にご紹介します。

 

《卸売価格を設定するにあたって》

「できる限り高めに値段を設定したい」と思うアーティストの気持ちもよくわかりますが、レコードバイヤー業界では、卸売価格に対してある一定の値が設けられています。そこから大幅に外れた値段設定、高すぎるとバイヤーは買わなくなってしまうし、低すぎると収益がなくなってしまいます。

 

《卸売価格 設定例》

Store Delivery 平均 卸売価格(1枚あたり)

 レコード種類  金額(日本円)        
 EP / 7inch (シングル)    ¥650
 EP / 10・12inch (シングル)  ¥735
 LP / 12inch (アルバム)  ¥1320

※こちらで紹介している内容はあくまでも目安となりますので、あらかじめご了承ください。

この記事は役に立ちましたか?
0人中0人がこの記事が役に立ったと言っています
他にご質問がございましたら、リクエストを送信してください
Powered by Zendesk